カウンセラー・スタッフ

 

 

   

熊谷珠美 くまがい たまみ(代表・カウンセラー)

 *現在、新規受付は停止しております

 

*これまでの活動* 

日本の大学を卒業後、アメリカの大学院でカウンセリング心理学の修士号を取る。日本やアメリカで、DV・レイプ被害・性虐待・セクハラを受けたかたや、虐待・困難な状況に置かれている子どもや若者のサポートをする現場を中心に、カウンセラーとして活動。心の傷(トラウマ)に関して、相談や研修を行うなど、当事者や当事者の支援者のサポートに取り組んでいる。

 

*専門分野*

トラウマ、性暴力、セクシュアリティ、10代女子、ストレス対処、子育て、妊娠、喪失(グリーフ)などのカウンセリングを中心に活動。英語でのカウンセリングも可能。

  

*治療方法・資格

  • 臨床心理士
  • ソマティック・エクスペリエンシング®(Somatic Experiencing™)認定プラクティッショナー、上級セッションプロバイダー、初級コンサルテーションプロバイダー
  • Academy of Guided Imagery認定インタラクティブイメージ療法士
  • 米国カリフォルニア州認定DVカウンセラー
  • 米国カリフォルニア州認定レイプ被害者カウンセラー(~2005年)
  • PCIT (親子相互交流療法:Parent Child Interaction Therapy)カウンセラー
  • CAREプログラム(大人と子どものきずなを深めるプログラム)認定シニア・トレーナー
  • DARe (Dynamic Attachment Re-patterning experience)プラクティッショナー
  • ブレインスポッティング Phase II 修了

*書籍紹介*

 


    

加藤麻由美 かとう まゆみ (カウンセラー)

**活動日:火曜日・水曜日日中(詳細、最近の空き具合については事務局にお問い合わせください)

 

 

*これまでの活動*

社会人として働く傍ら、臨床心理士を志す。これまで国内外でDVシェルターや犯罪で家族を失った子供のためのグリーフキャンプ・キャンプ、中絶を経験した女性たちの為のグループワーク等に関わってきた。バイリンガル(日・英)セラピストとして日本に暮らす外国人や、国際結婚カップル、外資系企業社員へのメンタルサポートに10数年携わる間に、EMDR療法と出会う。現在はEMDRを柱に、様々なトラウマからの回復のサポートを活動の中心としている。また何らかのトラウマによってパフォーマンスが阻まれている場合のパフォーマンス向上へのサポートや、ストレスケア(例:アーティスト、企業社員)にも携わっている。

 

*カウンセラーからのメッセージ*

「EMDRはトラウマにフォーカスしたイメージが強いですが、実は間口が広い療法と感じています。他のトラウマ療法や心理療法を、ご相談者様の状況やペースに応じて組み合わせながら、トラウマにまつわる不安・恐怖、また子育ての悩みなどにも関わってきました。ご自身の回復のペースが尊重されるセラピーの提供を目指しています。」

 

*専門分野*

トラウマ(特に性被害、性虐待、事故、妊娠、子育てに関わるトラウマ)

パフォーマンス向上へのサポート(芸術家の舞台不安など)

共感性疲労(援助者自身のケア)

燃え尽き症候群(企業社員のストレスマネージメント)

家族療法(カップルカウンセリング)

※英語でのカウンセリングも可能。

 

*治療方法・資格*

  • 公認心理師、臨床心理士
  • EMDRIA(EMDRInternational Association, EMDR国際協会)認定セラピスト
  • ブレインスポッティング、トラウマに関する認知処理療法
  • ご相談者様の状況やニーズ、ペースに応じて、認知行動療法、マインドフルネス、 内的家族療法(Internal Family Systems) 等も取り入れている
  • 家族療法(カップルカウンセリング)

 

中岡純子 なかおか じゅんこ (カウンセラー)

 

*これまでの活動*

性的トラウマを経験したかたのライフストーリーの聞き取り調査や市民活動などを経て、現在は女性センターの相談員として、性暴力や虐待、DVを受けたかた、困難な状況に置かれている女性の支援等に10年程携わっている。

 

*専門分野*

性暴力や虐待、DVを受けた女性の個別カウンセリングおよびグループファシリテーション

 

*治療方法・資格*

  • 語ることを通した解決志向的アプローチ
  • トラウマやジェンダーに配慮した、そのかたが内に持っている力や知恵を発揮できるよう支えるカウンセリング
  • 臨床心理士、公認心理師

 

姉﨑弘美 あねざき ひろみ (カウンセラー)

 

*これまでの活動*

トラウマへの身体的アプローチのトレーニングを受け、暮らしのなかで感じる安心を大切にしている。DVや虐待、学校や職場などでハラスメントを受けたかたのカウンセリングに携わっている。

 

*専門分野*

トラウマ、性暴力、性虐待、DV、いじめなどハラスメント、親子関係の悩み

 

*治療方法・資格*

  • 臨床心理士
  • ソマティック・エクスペリエンシング®(Somatic Experiencing™)

 

藤森寿於美 ふじもり すおみ(カウンセラー)

 

*これまでの活動*

日本の大学を卒業後、アメリカの大学院で、カウンセリングを学ぶ。2005年にソーシャルワークの修士号を取る。日本では、児童虐待に関わる相談業務に従事、臨床発達心理士の資格を取得する。香港在住の7年間は、ファミリーカウンセラーとして、個人、親子、家族など親密な関係を向上させる。うつ、不安、怒り、葛藤、トラウマなどを解消して、ご本人の持つ素晴らしさを引き出すカウンセリングに定評があります。

 

*専門分野*

個人の成長の方向をとらえて、親子・夫婦・職場の関係改善。うつ、不安、怒り、葛藤など、気持ちのつらさを改善。心身の不調の解消。やめたいけれどやめられない癖に向き合う。お子さんの情緒・発達・行動についての相談。国際結婚。英語でのカウンセリング。

*治療方法・資格*

  • ソマティック・エクスペリエンシング:身体症状やトラウマに穏やかに働きかけます。身体症状にも有効です。
  • エニアグラム:個人の輝き、成長の方向を見すえて、対人関係を向上させます。
  • 自我状態療法:「決められない」、「やめられない」などの、葛藤を解消します。
  • ABAにもとづいたペアレントトレーニング:効果的に指示を出して、親子関係を良くしていけます。大人の対人関係にも応用できます。
  • 臨床発達心理士(登録番号:02151)
  • SEP、ISP (ソマティック・エクスペリエンシング®(Somatic Experiencing™)など身体的なアプローチ
  • トリプルP ペアレンティングファシリテーター  Level4

 

壁谷智子 かべや ともこ(事務局長)

 

*これまでの活動*

十数年に渡り、米国の大学院、国際課にて留学生の支援、心理カウンセラーとして従事。

 

*専門分野・資格*

修士(カウンセリング)